リフォームローンでおすすめは何処なのか調べてまとめてみました

リフォームローンの一体型とはどのようなローンなのか知っていますか?分かりやすくいうとリフォームローンと住宅ローンとがセットになっているローンということです。

中古の住宅を購入し、その後リノベーションを計画しているのであれば一体型ローンを視野に入れると良いでしょう。

リフォームローンは住宅ローンと比べて高金利なので一元化することでリフォームの費用も低金利で借りられるのです。

注意点として、事前審査でリフォームの見積書が求められたり、申込の際には工事請負契約書が必要になることがあります。

それ故、物件探しとあわせてリフォームの業者さんも探さなければいけません。

リフォームをするにあたって必要となるのが金利の安いリフォームローンの頭金です。

その料金は工事業者によって異なります。

工事に取り掛かる前に頭金を用意して下さいと言う業者もいますし工事が完了してから一括払いでお願いしますという業者もいます。

金額についてもリフォーム業者によってかなり違ってきますので複数のリフォーム業者から見積もりを取ることをおすすめします。

通常、頭金に必要な費用は工事費用の1から2割程度が一般的ですが、契約前に先に資材を揃えておくからといきなり資材費を請求してくる業者もいます。

工事業者選びを失敗しないためには事前に契約内容をきちんと確認することが大切です。

多くの人がおすすめするリフォームローンを探すには 多くのユーザーが集まっているランキングサイトを利用すると良いでしょう。

しかしながら、住宅事情は人それぞれで条件等異なるので一概にネット情報を鵜のみにしてしまうのはいけません。

まず、現在の住宅で不満な点を家族で洗い出してリフォームに必要な金額を算出してから諸条件にあったリフォームローンを選びましょう。

参考に→リフォームローン金利比較でおすすめは?【金利が安い銀行ランキング】

リフォーム費用が高額になりそうであれば有担保型ローンが低金利でおすすめですが、低額で収まりそうであれば小回りが利く無担保型ローンが良いでしょう。

中古住宅の購入と同時にリフォームを考えている人は一体型のリフォームローンであれば金利を抑えることができます。

オリコのリフォームローンをご存知ですか?オリコのリフォームローンは365日いつでも仮受付OKのWebリフォームローン仮受付が非常に使い勝手が良いです。

来店する手間がなくパソコンから申し込み可能で最短2日で審査結果が郵送されてくるというスピード感。

オリコのローンは完済時まで固定金利が適用されるのですが、保証人、担保、保証料など一切不要というメリットがあります。

オリコのリフォームローンは、改修工事やリフォームに限らずソーラーシステムの設置工事にも利用することができます。

ローンを申請する際の注意点として、仮受付の申し込み時にはオリコとの提携販売会社やリフォーム会社との契約が必要であり、販売店のコードもしくはIDを入力しなければなりませんのでご留意ください。

周知のとおり金利の安いリフォームローンの金利相場は市場金利に応じて上下します。

担保のあるなしでも金利は変化し現在は有担保型なら1から2%、無担保型なら2から5%が相場です。

金利タイプには大きく分類すると2種類あり固定金利型と変動金利型があります。

変動金利型というのは市場金利に応じて半年ごとに金利が更新されるローンで固定金利型は市場金利の高下に関与せず、一定の金利を保つローンです。

更に固定金利型には完済まで金利が継続される長期固定金利型と指定した期間内だけ固定金利になり満了するごとに長期型か変動型する固定金利選択型があります。

最近話題のアプラスの金利の安いリフォームローンはTポイントを貯めることができます。

申込条件には、20歳以上かつ65歳未満の安定収入がある人で融資可能額は10万円以上300万円以内、返済回数は最長84回(7年)とライトなローンになっています。

次に金利についてなのですが、アプラスの金利は短期融資となりますので7.20%から14.40%と少々高めの設定となっています。

インターネットでの申し込みが可能なことや担保・保証人が不要なので小規模なリフォームにはベストマッチです。

シミュレーションは条件等詳細に設定することができるため、アプラスの金利の安いリフォームローンに興味のある方は一度、HPをご覧になってみることをおすすめします。

楽天のリフォームローンにはフラット35(リフォーム一体型)という金利の安いリフォームローンがあります。

住宅の購入資金+リフォームの工事資金を合わせひとつのローンで合算して融資を受けることができる商品です。

2016年10月からは新たな商品であるフラット35リノベが販売開始しています。

フラット35(リフォーム一体型)と異なる点は5年または10年間の金利が0.6%引き下げが受けられます。

ただし注意があります。

工事前に適合している基準は対象とならないことや【フラット35】Sとの併用はNGとなっています。

リフォームローンを組むことによって受けることができる控除は所得税ですね。

申告することによってその年の所得税から工事費の10%(限度額アリ)が還付されます。

対象となるリフォームの内容と限度額につきましては条件があり定められています。

三世代同居や省エネ、耐震工事の場合は25万円、バリアフリー工事は20万円と定められています。

共用する控除の要件には自分が所有して住まうことや所得が3000万円以下という条件があります。

他のローンと比べると手軽といえる金利の安いリフォームローンの無担保型とは担保がいらない金利の安いリフォームローンです。

保証人や土地建物などの担保が不要なので手軽に利用出来るローンです。

反面、高金利であったり、借入期間が短いことや、限度額の低さなど担保型に比べて不利な点が多くあります。

ということで、無担型ローンが生きるケースというのは小規模なリフォームを行う時になります。

持ち家を所有していて、少額のリフォームならば、割と余裕がある人のリフォームであると判断されることが多く審査に通りやすいという傾向があるそうです。

アルヒの金利の安いリフォームローンは 申込資格が満20歳以上から65歳未満(完済時年齢80歳未満)の個人と規定されています。

融資額は50万円以上1000万円以内と高額融資を受けることも可能で、返済回数も1年(12回)から35年(420回)と住宅ローン並みに長期です。

アルヒの契約には連帯保証人が必要になるほか、借入の合計金額が500万円超となる場合は抵当権も設定され、団信保険付プランを任意で付けることもできます。

アルヒの利率は変動金利型で、年に2回(4月1日と10月1日に貸付金利の見直し)の長期プライムレート(基準金利)を3か月後の口座振替から適用になります。

商品タイプはAプラン、Bプランの2種類があり、プランによって金利と事務手数料が異なります。

金利が低いリフォームローンを借りるには担保型のローンを選ぶと良いでしょう。

リフォームローンには担保形というものと無担保型というものがあるのですが借入期間や借入可能額のほか、金利相場などに違いがあります。

無担保型の場合、借入期間は最長で10年から15年で借入れ可能な上、限金額は500から1000万円ですが、担保型であれば期間は最長35年、上限金額は1000万円から1億円と桁違いの融資を受けることができます。

金利は長期借入の方が低金利になるので無担保型の約2から5%に対して担保型は約1から2%と低金利になります。

又、貸付金利タイプでも差があり固定金利と変動金利を比較した場合変動金利の方が低金利となっています。

金利の安いリフォームローンの金利についてですが金融機関によってかなり異なります。

低い金利は1%台からありますが、高い場合になると金利は15%に近くになるところも。

金利体系も2種類あり変動と固定という2つの金利体系があります。

変動金利のメリットとして金利が低いというのがありますが、景気の変動に応じて金利が変わるリスクがあります。

一方、固定金利というものは完済まで金利は変わらない安心感がありますが、元々金利が高いというデメリットがありますし、相場が下がっても自分は高い金利のまま返済をしなければならないというリスクもあります。

リフォームローン金利比較は口コミで話題の比較サイトを利用するのがおすすめです。

比較サイトなら複数の金融機関が掲載されていますし、限度額や借入れ条件が分かりやすく紹介されています。

金利や借入限度額など条件に応じて並び替えができるのも便利です。

サイトによっては金融機関のバナーが貼ってありますのでわざわざ検索する手間が省けます。

最近はネット銀行が普及してきたので来店不要や全国対応など銀行へ行かずに利用できるローンが増えています。

リフォームローンにシミュレーションできることをご存知ですか?シミュレーションは金融機関のHPで試算することができます。

検索ウィンドウに「リフォーム」や「シミュレーション」といった言葉を入力すると該当するサイトがヒットするので表示されたサイトにアクセスします。

借入希望額、返済期間やボーナス時の返済額や割合を入力すると毎月の返済額が瞬時に算出されるためローンを組む前のシミュレーションに最適です。

個人情報を登録する必要は一切ないので軽い気持ちで利用することができます。

返済額の計算は複雑で素人では難解ですからリフォームローンを考えている方は積極的に利用しましょう。

正しいリフォームローンの選び方は金利だけを見てはいけないということです。

借入れ可能な期間や、上限金額も念頭に入れる必要がありますし、担保、保証人が必要かどうかも大きな要素となります。

また、団信の加入可否についてや手数料などの諸費用も比較検討したほうが良いでしょう。

建材メーカーの中には自社の商品を使ってリフォームすると金利0%の無担保ローンを組めるといった商品もあります。

リフォームローンはたくさん種類がありますのでリフォーム会社に相談してみると良いでしょう。